桂三四郎ブログ 落語家 桂三四郎の挑戦

落語家 桂三四郎が毎日何かしら発信するブログ。

【話術】素人の毒舌は愛想笑いしか生み出せない〜話が上手くなるブログ〜

f:id:katsura346:20190215135338p:image

 

ハッピーバレンタイン!!!!

 

こんな言葉あったかな?

 

よう考えたらいろんなハッピーあるな

 

ハッピーバースデー!!

ハッピーニューイヤー!!

ハッピーハロウィン!!

ハッピーアワー!!

ハッピーデイ!!

ハッポーツキテイ!!

 

ちなみに

 

ハッピーアワーは

ビールやハイボールが安い時間で

 

ハッピーデイは大塚愛だ。

 

最後はハッピーではなく

 

月亭八方師匠だ

 

でも八方師匠は

 

お客様を

ハッピーにさせる師匠だから

まあええか

 

 

いやええことないわ!!!!

 

 

 

桂三四郎の喋りがうまくなるブログ

 

「毒舌」

 

今日のテーマは

 

「毒舌」についてです。

 

テレビでよく芸人さんが

「後輩芸人を毒づいて笑いを取る」

こういうシーンを見ることがあるでしょ

 

あれは

プロの洗練された技術と

相互の信頼関係が成り立つことであって

 

素人ではできません!!

 

はっきり言って

 

無理です!!

 

よく、世間で

 

「テレビの笑いはいじめの笑いだ」

 

とか言う人がいるけど

 

あれはめちゃくちゃに間違いで

 

「いじめ」

 

ではなく

 

「いじり」

 

なのです。

 

「いじめ」と「いじり」の違い

 

まず大前提として

素人さんとタレントは

考え方が全然違います。

 

僕も含めて芸能関係者は

テレビで司会の方に

毒づかれて笑いものにされるのが

 

実はめちゃくちゃ嬉しいんです!!

 

たしかに愛がないいじりはいけませんが

いじるのはテレビで司会を

任されるような超一流の方です。

 

いじり方も超一流の塩梅なんです。

 

いじられてウケたらテレビに映るんです。

落とし穴に落とされたり

頭を叩かれたり

顔面にパイをぶつけられたりすると

テレビにアップで写り

それを何百万人が見て

笑ってくれる。

 

それが僕も含めてタレントの幸せなんです。

 

それを僕たちは

 

「美味しい」

 

という言葉で表現します。

 

え?

 

そんなことをされるの嫌なタレントさんも

いるだろうって?

 

もちろんいますよ。

 

だからそういう方はまずバラエティ番組に

出ませんよね?

 

出たとしても司会の方は

絶対変ないじり方はしません

 

めちゃくちゃもてはやします。

 

簡単に言うとバラエティ番組は

 

プロレスなんです。

 

バラエティ番組はプロレス

 

お互いが技を受けきるという

暗黙の了解があり

そして相手に怪我をさせないという

信頼があってなりたつものなのです。

 

プロレスだって

 

お互いが全く技を受けずに

マジで怪我するような攻撃をしてたら

成り立たないでしょ?

 

お互いの信頼関係

そして、相手の技もよく知っていて

お客様の盛り上がりも肌で感じつつ

時折

 

「おい!!今のはマジちゃうか!?」

 

と思わせるシーンをつくる。

 

お笑いのいじりも一緒です。

 

ギリギリのラインで

 

「今のほんまに傷ついてるやろ」

 

とか

 

「今のバラしたらあかんやつやん」

 

ということを演出することで

よりリアリティが生まれ

笑いが大きくなるのです。

 

だから何度も言います。

 

こんな高等技術

 

素人にはできないんです!!

 

学校や職場で同僚や友達に

プロレス技なんかかけないでしょ?

 

友達にジャーマンスープレックスかけますか?

 

大怪我するし

 

下手したら死にますよ。

 

プロの技術や修練でできることを

 

素人がやったらただの暴力です。

 

でも、喋るということは誰にでもできます。

 

バラエティの喋りの技術というのは

すごく高等技術です。

しかも

高等技術を使ってないように見せるという

凄まじいレベルの高さなのです。

 

そのお笑いの技術の高さを

 

世間が軽んじているから

 

「テレビの笑いはいじめの笑いだ」

 

という言葉がでてくるのだ。

 

友達や後輩にプロレス技やボクシング技を

かけるのは暴力です。

 

同じように

 

友達や後輩にお笑いのいじりや

バラエティのノリを仕掛けるのは

 

言葉の暴力

 

なのである。

 

だから、職場でも仲間内でも

 

技術も信用もないくせに

バラエティ番組のノリを仕掛けてくる

気遣いレベルの低い人間は

愛想笑いしか生み出せてない

 

だからそんな人間がまわりにいたら

 

思い切って愛想笑いをやめてしまう

 

といい

 

愛想笑いするから続けるのだ

愛想笑いをしなければ

 

いつかやらなくなる。

 

だから何度も言いますが

 

素人の

 

「毒舌」

 

「いじり」

 

は言葉の暴力です!!

 

やめましょう

 

そして

 

やめさせましょう