桂三四郎ブログ 落語家 桂三四郎の挑戦

落語家 桂三四郎が毎日何かしら発信するブログ。

【話術】挨拶は朝一番のプレゼンだ〜喋りがうまくなるブログ

おはようございます!!

 

桂三四郎です!!

 

f:id:katsura346:20190403144119p:image

 

え?ブログ読んでる人によって時間は違うから「こんばんわ」や「こんにちわ」の可能性もあるだって?

 

ざんねんでしたー!!

 

我々、芸人の世界の挨拶は基本的に

 

「おはようございます」

 

なのだ。

 

我々の世界はなにかと縁起を担ぐ

 

「こんにちわ」と「こんばんわ」の中には

 

「こん」という言葉が入ってる

 

「こん」というのは「客が来ん」につながるので基本的には「おはようございます」なのだ。

 

これは、飲食店などの客商売全般でもこの理由から「おはようございます」が使われている。

 

今回のテーマはこの「挨拶」について

 

僕らの世界では何より大事なのは挨拶だ。

 

挨拶がまともにできないやつはなにをやらしてもダメなやつだと簡単に足切りされる。

 

はじめましての挨拶をないがしろにしてると

 

どんないい人間だったとしても

 

「挨拶もろくにできないやつだ」

 

と思われてそこで人間関係が終わってしまう。

 

僕たちの世界は自分勝手で芸さえできれば生きていけると思われがちだが

 

芸が一流でも一人で出来ることはたかが知れている。

 

だれも助けてくれないといつか絶対生きていけなくなるという人間関係がなにより大事な世界だ。

 

はじめましての挨拶も大事だが

 

毎日、会う人にちゃんと挨拶をするというのは当たり前のことすごく大切なことである。

 

「挨拶は朝一番のプレゼンだ」

 

おはようございます。

 

挨拶がめちゃくちゃ大事だということはみんな頭でわかってはいるが実践できている人は少ない

 

今日初めて自分に会う人にちゃんと

 

「おはようございます」

 

というのと

 

「うぇーす」

 

というのではその人の印象がかなり違うはずだ。

 

朝一番から「うぇーす」としか言えない人間は

 

多分いい仕事できない。

 

まだ上の立場の人間ならいい。

 

きちんと挨拶すべきは下の立場の人間だからだ。

 

目上の人間、または同じ立場の人間に対して

 

「うぇーす」

 

と言っている人間は間違いなくまともな仕事はできない。

 

できたとしても実力相当の評価はされないだろう。

 

まだるっこしいのではっきり言います。

 

きちんと挨拶できないなんてクズなんですよ。

 

ちゃんとできないしないという選択をしてる時点で人間として0点です。

 

僕が経営者なら挨拶できないやつにボーナスはあげません。

 

なんでこんなに挨拶を大事にするか

 

それは、挨拶というのはその日初めて会う人にするものだ

 

その挨拶をちゃんとしないということは

 

あった瞬間、相手のテンションを下げさせているのです。

 

朝一番であって

 

「うぇーい」

 

と言われた時と

 

「おはようございます!!」

 

と気持ちよく言われた時

 

どっちの方が気分がいいかは聞くまでもないだろう。

 

「うぇーい」は「うぇーい」であって挨拶ではない。

 

ちゃんと挨拶できないやつがいると士気が下がります。

 

士気とは、テンションです。

 

その人間がどれだけ優秀でも朝一番に周りのテンションを下げさせるような人間なら

 

プラマイゼロ

 

だから挨拶だけはしっかりしましょう。

 

ただ挨拶するだけでなく

 

おはようございます!!

 

の裏に

 

「今日も一緒に頑張りましょう」

 

という気持ちを込めなければいけない。

 

いい挨拶ができるかどうか。

 

これだけで周りの人との人間関係はかなり変わる。

 

そりゃ、一日で劇的に変わるようなことではない。

 

ただ、これを1ヶ月続けたら周りとの人間関係は確実に変わっていく。

 

手始めに挨拶が感じよくなる方法を教えます。

 

それは挨拶と一緒に

 

名前を呼ぶこと

 

「おはようございます!!」

 

というより

 

「田中さん、おはようございます!!」

 

と言われた方がより挨拶が刺さるはずだ。

 

何度も言うが挨拶は朝一番のプレゼンだ。

 

最高のプレゼンができるように意識することはすごく大切なことなのだ。